記事一覧

フリーランサーの営業用ウェブサイトづくりのコツ-(2)「やっちゃダメなコト」編

Author :

前編からのつづき。先日、出版ネッツ主催「いちもくセミナー」で、フリーランサーの営業用ウェブサイト作りに関する講演をさせて頂きました。いろいろ反響を頂いたので、その中のいちコーナー「やったほうがいいコト・やっちゃダメなコト」から、抜粋して記事にしてみます。

前編:「やったことがいいコト」編はこちら

私がイラストレーターという立場のため、近い職業の方を意識した内容になってしまっていることは、どうぞご了承ください。ただ、イラストレーターというのは、フリーランサーに多い職業の中でも、ことのほかウェブやテクノロジーに疎い人が多いような気がします。何となく同業者のサイトをまねてしまって、「やっちゃいけない」感じになっているサイトも、多かったりするのです。

続きを読む

フリーランサーの営業用ウェブサイトづくりのコツ-(1)「やったほうがいいコト」編

Author :

先日、出版ネッツ主催「いちもくセミナー」で講演をさせて頂きました。テーマは「フリーランスのための、仕事が舞い込むウェブサイトの作り方」について。意外に思う人もいるかもしれませんが、出版系フリーランサーのあいだでは、わりと「ウェブとかそういうの、難しい、わからない」と言っている人が多いのです。そんな方たちへの手助けになれば、ということで、1時間程度のお話をさせて頂きました。

講演後もいろいろと反響を頂いたため、その中のいちコーナー「やったほうがいいコト・やっちゃダメなコト」から、抜粋して記事にしてみたいと思います。営業用ウェブサイトを作りたいフリーランサーの方、もしくはこれからフリーランサーになろうという方に参考になれば幸いです。

ウェブサイト制作のフローのイメージ

講演の内容を簡単に説明すると、「ウェブ制作のプロが使うフローに則って、きちんと作りましょう」というのが趣旨です。フリーランサーのウェブサイトは、個人だからということで適当に人のまねで作られてしまうことが多いのですが、仕事を取ってくるという機能を持たせるということは、本来はそこらの企業のサイトと同じ性質なはずです。

HTML5がなんたらかんたら、ソーシャルメディアが云々、ソフトは何を使えば…といった話はとりあえずどうでもいいのです。それ以前の基本的に大事なことは何か考えましょう、というのが、私がお伝えしようとしたことでした。その中で、少し実践的な内容も紹介しましょう、というのがこの記事のもとになったコーナーです。

続きを読む

Photoshopで「web用に保存」すると画像の容量が増えてしまう件

Author :

微妙にはまりかけたのでメモメモ。

えっとまず、今回の環境はAdobe CS4+windows7です。このとき、ウェブ用の広告を作ってました。gifのバナーです。ところで、ウェブ広告って、容量の規定がすっごい厳しいの、ご存知でしょうか。1kbでもoverしたら入稿受け付けてくれません。ですから、Photoshopで「web用に保存」して、数字をチェックしながら、規定容量に収まるように、ぼちぼちと容量削っていきます。でもできるだけ画質は保ちたいので、結局毎回、規定ぎりっぎり!な容量になります。

web用に保存。バナー広告では容量の規定が厳しい!
今回の媒体指示による容量規定は30k。現在29.83k。これ以上びた一文、カラー1色まけられまへん。

続きを読む

Illustratorで、たくさんのアートボードを自動で作るスクリプト(2)

Author :

※長いので2ページに分けてあります。
ここまでの経緯&そもそもイラレのスクリプトの作り方は?はこちら→

イラストレーター、スクリプト、自動化 アートボードを作るAdobe® Illustrator®は、Javascriptなどのプログラミングで自動化できます。
たくさんのアートボードを手入力で作るのが面倒なので、あらかじめCSVでリストアップして自動化してしまおう、というプログラムのお話です。

前のページからのつづきです。

スクリプトの中身解説

スクリプトの中身は、だいたいこういう流れになっています。

ファイルダイヤログを開いて、CSVファイルを選んでもらう

(*)一行ずつ、図版名・横寸・縦寸を読み取る

(A) 座標を計算して、アートボードをつくる

(B) ついでに、図版の名前をテキスト入力してアートボードの近くに置く

(*)に戻って以下ループ…

以下、ポイントだけ説明します。

続きを読む

Illustratorで、たくさんのアートボードを自動で作るスクリプト(1)

Author :

※長いので2ページに分けてあります。
プログラム解説とサンプルダウンロードはこちら

イラストレーター、スクリプト、自動化 アートボードを作る職業イラストレーターの方のなかでもどのくらい知られているか分からないのですが、Adobe® Illustrator®は、Javascriptなどのプログラミングで自動化できます。

プログラミングとかわかんなーい、という方が多いですが、この例をみると「あぁ、そうやって仕事をラクにするもんなんだな」というのが分かって頂けるんじゃないかしらと思います。サンプルのダウンロードも用意しました。お時間のあるときにでも試してみてください。

今回は、たくさんのアートボードを指定のサイズで作るという単純作業を自動化します。
続きを読む

「ちむぐくる」の正体–表現は、テクニックと理屈が支えてる

Author :

カテゴリ

タグ

※この記事は、以前mixiに投稿した日記を再編したものです。

私がかつて唄三線(沖縄民謡のこと)を教わっていた先生は、「表現」ということについて、すごく素敵な考え方を持ったかたでした。

よく、三線をやる人は「唄はちむぐくるが大事」と言います。

“ちむぐくる”とは、漢字では「肝心」と書きます。”きも”と”こころ”、沖縄読みして”ちむ・くくる”というわけです。真心や魂を意味する言葉で、ただ唄うのではなく、それをていねいに込めることが大事と言っているのです。

それは、沖縄的なたおやかさをふくんだ、とてもすてきな言葉です。

しかし、つねづね先生は、
「すぐそれを言いたがるやつは分かってない。三流さーね。」
と言っていました。

続きを読む

MagicMouseとマウスパッドの顛末

Author :

カテゴリ

最近はイラレでベジェ曲線を描く仕事が多くなり、右手と右肩の調子があまり良くありませんでした。たぶんリストレストの厚みが高すぎる。そこで、Amazonになにかいいものないかと探してみると、なんだか魅力的なのが見つかりました。
ELECOM FITTIO マウスパッド。リストレストのついたマウスパッドです。「リハビリテーション工学のノウハウと様々な検証により生まれた」とかいううたい文句が、どうにも疲れた手首に魅力的で、レビューなどよく読みもせずぽちってしまいました。

翌日届いたマウスパッドをうきうきしながら開封。触感はぷにぷに、かつ、さらさら。なんとも気持ち良さそうです!それで早速、MagicMouseを乗せてみたら…
なんだか、ものすごく具合が悪いのです。

ひっかかりがあるというか、うまくすべらない。どうも表面と密着しすぎるというのか。人工皮革の滑らかで気持ちいいテクスチャが、逆にアダになっているようです。

どうしよう。このリストレストの具合は最高なのに、マウスが滑らないんじゃ、なあ…というわけで、パワーサポート エアーパッドソール for Magic Mouse PAS-60を追加購入。これは前からよく使っている小物で、シリコンか何かの薄い板です。マウスの裏面にシールで貼り付けておくと滑りが良くなるもの。古いMightyMouseにもこれが貼ってあって、FITTIOに乗せてみるとするすると良く滑るのです。よしっ。というわけで翌日、これが到着さえすれば快適マウスライフの完成だ、と思っていたのです、このときは。

まさか、マウスをカンナで削るなんて。

続きを読む

ゴーヤ?いいえゴーヤーです

Author :

カテゴリ

タグ

ゴーヤじゃないです。
ゴーヤーです。

日本語で言うとにがうりです。沖縄風の言い方を輸入したから「ゴーヤー」です。沖縄の人がゴーヤーと言うからには、そこはもうなんとしてもゴーヤーです。じゃない?

「みんなゴーヤって言ってるんだからゴーヤでいいじゃん」って開き直るのは私は好きじゃないな。
なんか、そういうことばって結構ありませんか?

出版業界とのおつきあいの中で、またはデザインやウェブページの制作業務の中で、なんとなく、ことばの一字一句を大事にする感覚って必要だなあと、ふとした時に意識することがあります。

と、そんなゴーヤーを、今年も立派に育てている実家の母。「楽しんご」を「らくしんご」と呼んではばかりません(笑)。

ところでこの話を書いていて、とある会社の求人に応募したらフル無視されたことを思い出したのdatta。

 

本を交換しあうイベント「ブックエクスチェンジ」

Author :

カテゴリ

タグ

大阪で開催された「ブックエクスチェンジ」というイベントに参加してきました。

たぶんほとんどの方が聞き慣れない言葉だと思います。交流会の類いなのですが、これは各自のお気に入りの本を持ち寄って交換する、という趣旨のパーティです。

会場は靭公園沿いのおしゃれなカフェ。二、三十名の方がいたでしょうか。前半に交流タイムがあって、そこで参加者どうし、自分の持ってきたお気に入りの本を紹介しあいます。そこで交換したい本のめぼしをつけておいて、後半ではテーブルに全員の本を並べて、自分の気に入った本を指名していく、という流れでした。

ふつうに自分で読む本をチョイスするときって、何かとジャンルがかたよりがちですよね。このパーティでは、まあまず自分では買わないだろうなと思える本とか、全く知らない本を紹介されたりするのが面白いんです。

自分がふだん全く興味を持ちそうにない本でも、持ってきた方にとってはお気に入りの本。思いを込めて説明されてしまうとどの本も妙に面白そうに思えてしまい、交換したい本を一つにしぼるのには結構悩みました。

続きを読む

四季物語のおいしいパッケージの話

Author :

カテゴリ

四季物語のパッケージ・1

あの、カップめんシリーズの「四季物語」春限定・たけのこと菜の花のやきそば、ってのをお昼に食べたんやけど、あれイイね。

ソースじゃなくて醤油系の上品めな味付けで、菜の花の苦みがちょっと効いてて、たけのこもけっこうしゃきっとしてて、とってもおいしいですw

で、もう味の話はこれで終わりなんだけどさあ。へっ、へへ…。

でも、パッケージ見てて、おもしろいこと気づいちゃったから、まあ、興味ないと思うけど聞いて。

続きを読む