SketchUp初心者ガイド[2]–残波岬灯台を作ってGoogleEarthにうpしてみた

Author :

SketchUp初心者ガイド[1]からのつづき。Googleの3Dソフト・SketchUpのつかいかたがざっくりと把握できたところで、実際にある建造物を作ってみることにしました。

ターゲットはまえにいったことのある残波岬の灯台。エメラルドグリーンのさんごの海、急に切り立った崖に、まっしろなボディがとっても印象的なんですよ。

3Dで残波岬をつくります。

なぜ現実の建物なのかというと、SketchUpにはGoogle Earthとの連携機能がFree版でも組み込まれていて、じっさいにだれかがSketchUpで作った建造物をGoole Earth上で見たり、データをアップロード/ダウンロードしたりできるのです。

とりあえずは、同じ沖縄の建物の3Dデータを探してみます。首里城もありますね。ダウンロードすることもできます。

首里城の3Dデータ

これはとても立派。

まあちょっとここまでは初心者にはむずかしいだろうね、ということで灯台です。

大きさを把握する

まずは実際の大きさを把握しておきます。どこまで正確にしないといけないんだろうか。ちょっとわかんないけど、とりあえずwikipediaで調べてみるか…。

塔高 30.61 m (地上 – 塔頂)
灯火標高 40.03 m (平均海面 – 灯火)

(wikipedia:残波岬灯台 より)

わかんないので、目印に30mのポールでも立てておきます。だいたいこれに合わせてつくればいいか。
ちなみに、右下のボックスに数値を入れると、正確な寸法のオブジェクトがつくれます。

スクリーンショット 2013-01-08 14.10.53

タワーをつくる

では、タワーの部分を作っていきます。ほとんど正方形に近い台形(上辺がちょっとだけ狭い)を作って、床面に円を描き、フォローミーツールで回転させます。

スクリーンショット 2013-01-08 14.15.20

柵をくっつけます。
こういう形を作って、塔の周囲にくっつけてフォローミーさせます。

柵の形を作ってフォローミー

あとで透明色をバケツツールで流し込むと、透けた感じになりました。

塔の先端を作ります。
扇型に四角がのかった形を作る→床面と水平の円形を描き、塔の頂上に合う大きさに調整→フォローミー
という手順で作りました。ちょっとめんどくさい。

塔の先端

先端の球体は、あとでくっつけます。

柱は円形をかいてプッシュ。その上にさっきに先端部分をのっけます。

残波岬の塔の先の部分

これで塔部分はだいたい完成。

土台の建物をつくる

建物をつくります。五角形のような変わった形です。

灯台の土台の部分

飛び出してる部分(なんて言うんだろう)をつくるのがちょっとだけ一苦労。まずは単純に五角形を描いて、プッシュで立ち上げます。その屋根の縁に付くちいさい平面の四角を描いて、それからフォローミーツールで周囲にひっぱっていけばいいのですが……なにかどうもさっくりいかない感じ。変な方向にのびてしまったりとかしてしまう。ここはもう少し要研究、でしょうか。

スクリーンショット 2013-01-08 14.33.57

あとはドアとか

ドア

なにか横の入り口とか

横の入り口

…を、写真を見ながらくっつけていきます。正確な寸法がわからないけど、こんな感じでいいのかなあ。

 

いちおう完成しました。例によってスーザンと記念撮影!

残波岬で記念撮影♪

もー、こっち向いてって言うてるやんかー。

 

以上、SketchUp初心者がじっさいの建物をつくってみるの巻、でした。
3Dって聞くと「うわーっ」と思うけど、意外にかんたんでしょ?

じつはこのあと、タイトルのとおりGoogle Earthにアップロードしてみようとためしてみたのですが、それはうまくいきませんでした。
それでは、続きはまた後日。