SketchUp初心者ガイド[1]–とりあえず触ってみた

Author :

SketchUpでヨーロッパの教会っぽいものを作ってみた

Googleの3DツールSketchUp。なんかちかぢか、3Dプリンタを触れる機会があるらしいので、ちょっと手慣らししておくことにしました。

とりあえず、ヨーロッパの教会っぽい建物の前でスーザンと記念撮影するところまでやってみましたよ。私も3Dソフトを使うのはひさびさで、SketchUpもはじめてですが、これから試す方へ参考になればと思います。

SketchUpについての概要

ごくごくざっくり言うと「Google Earthとマッチしていて、建物を作るのに強い3Dソフト」という認識で合っているかしら。

米Google Inc.が開発・提供している3Dデザインツール。元々、SketchUpは米@Last Software社が開発と販売を行なっていたが、Googleが同社を2006年3月に買収して全ての権利を引き継いだ。

2008年現在、Google SketchUpという無料版と、Google SketchUp Proという有料版(72,500円、495米ドル)の2種類があり、無料版はLayoutとStyle Builderが使えず、書き出し出来るファイル形式がKMZだけと制限されており、メールサポートも付かないが、それ以外は全ての機能が使える。以前は有料版にのみ他言語版が存在したが、2007年10月30日、無料版にも日本語版が登場した。

有料版にはエクステンションと呼ばれる追加の機能があり、開発チームによりエクステンションツールは今後も増えていく予定とされる。東アジア地域の総代理店は米国Cadalog、Inc.。日本においては株式会社アルファコックス CadalogJAPANが総代理店となっている。その他、代理店も多数。

日本国内にはATCトレーナーと呼ばれるGoogleのSketchUpチームより認定を受けているトレーナーが3名ほど存在する。ATCトレーナーが行うトレーニングは公式トレーニングと称されてGoogleから支給されているテキストを使用できる。日本ではATCトレーニングに関する情報は日本語の公式サイトであるSketchUpJAPANにて紹介がされている。

それと、特徴はこんなかんじ。

  • 主として水平・垂直線で構成される建築設計などにおいて、プッシュ/プルと呼ばれるツールに代表される感覚的な3Dモデリングが得意とされるが、数値による正確なモデリングも可能である。
  • モデルの種類はサーフェスモデルのポリゴンモデルであるが、レンダリングにより擬似曲面のモデリングも可能である。
  • また、Google Earthのファイル形式である、「KMZ」形式で保存してSketchUpで作成したモデルをGoogle Earthで表示する事もできる。
  • 機能の追加などのためにプラグインを開発できる。開発にはスクリプト言語のRubyを用いる。
  • 世界中のモデル作成者がデータを公開するための場所「Google 3D ギャラリー」が提供されていることも大きな特徴と言える。

(以上、wikipediaより引用)

SketchUpのダウンロード

ダウンロードはこちらのページで
有料版のProと、単に「SketchUp x(バージョン名)」という名前のリンクがありますので、必要なほうを。

チュートリアルビデオが役立ちます

インストールが終わって、さあどうやってつかえばいいの…?となったら、まずはチュートリアルビデオを観てみてください。このページにあります。ナレーションは英語ですけど、実際の操作を見せてくれるので、これだけでじゅうぶん理解できます。

ビデオはたくさんありますが、とりあえずスタートガイド・パート1、スタートガイド・パート2のふたつくらいを観ておけば、これくらいまではいけます。

SketchUpでのカンタンな建物。全体像

建物の基本形と窓くらいまでは、前述のチュートリアルビデオに出てくる作り方のまるぱくりです。

あとすこしがんばったのは、バラ窓とドア飾り。とはいえそれほど難しいものではなく…

SketchUpで教会ふうの建物。バラ窓

こちらは輪っかを描いて押し出ししたあと、バケツツールで透明色を流し込んだもの。

SketchUpで教会ふうの建物。ドア飾り

こちらは屋根の応用で、エッジを描いて押し出しします。ひとつの模様を描いたら、コンポーネントでまとめたうえコピペしたもの。コンポーネントじゃなくてグループでいいのかもしれないです。

SketchUpの「コンポーネント」と「グループ」の違い

ちなみにコンポーネントは、よく使うパーツをまとめて登録しておける機能です。グループもまとめるという点では同じ機能ですが、コンポーネントの場合は、原型を編集すると他に配置されたものにも反映されます。イラレで言うところの「シンボル」ですね。

SketchUp コンポーネント実はスーザンちゃんも、コンポーネントなのでぃす。

はい、チーズ。もう、スーザンったら、こっち向いててよ〜。

はいちーず

どの視点からでもスーザンはこのポーズですが、それはコンポーネントに向きを固定するオプションがあるからです(ウィンドウ→コンポーネント→編集→「常にカメラに対面する」)。これも、コンポーネントとグループの違いのひとつですね。

 

あとは、カメラ(オービットツール)をうまくふりむけると、建物のなかからのビューを得ることができました。

SketchUpで作った教会ぽい建物を内側から見てみた

ちゃんと窓、透明になってる〜。

そんなこんなで、はじめてのSketchUpツアー、楽しかったです。
今度はスーザンといっしょに沖縄へ行ってみようと思います!それではまた続編で。