キーン!と冷たいクラッシュ氷をイラレで描いてみるよ

Author :

イラレでクラッシュアイス(氷)を描く

透明なかちわり氷というか、クラッシュアイスのアートワークをAdobe Illustratorで描いてみました!氷の描き方といってもいろいろあるとは思いますが、ご参考まで。まあまあリアルにできたかな……?

背景→グラデつき六角形→フィルタ

まず、背景色を描きます。

イラレでクラッシュアイス(氷)を描く

多角形ツールで六角形を描き、ちょっと横長にしてみます。

イラレでクラッシュアイス(氷)を描く

カラーを、円形のグラデーションにします。
外側は白。中側は背景と同じ色。

イラレでクラッシュアイス(氷)を描く

 

かたちを自然にするために、少しだけ「ラフ」をかけます。
メニューの場所は「効果」→「パスの変形」→「ラフ」です。

イラレでクラッシュアイス(氷)を描くイラレでクラッシュアイス(氷)を描く

 

次に、「水晶」フィルタをかけます。
メニューの場所は「効果」→(Photoshop効果)→「ピクセレート」→「水晶」です。

イラレでクラッシュアイス(氷)を描く

「セルの大きさ」は少し大きめにして、面の感じを出します。数値は大きさによって調整してください。

イラレでクラッシュアイス(氷)を描く

なんとなくこれでもう氷っぽい雰囲気にはなりますが、ここからもうちょっと一手間かけてみましょう。

さらにひとてま:枝模様とか

ペンツールを持ち、カラーを白、線を透明にして、木の枝のような模様を描きます。

イラレでクラッシュアイス(氷)を描く

ポイントは、氷の立体をイメージして、エッジになりそうなところに重ねて描いていくことです。直線で単純にポチポチとアンカーを打っていけばよいので、ペンツールに慣れない方でもたぶん大丈夫でしょう。

描いた枝模様には、「ぼかし」フィルタを少し適用します。

次に、鉛筆ツールに持ち替えて、色を白にして、適当にぐちゃぐちゃっと落書きをします。さらに、その線にも「ぼかし」フィルタを少しかけます。

イラレでクラッシュアイス(氷)を描く

これで一個完成です!

変形する前に「アピアランス分割」を

もし、拡大・縮小したい場合は気をつけてください。次の図をみてください。そのまま縮小すると、フィルタが動いて感じが変わってしまいます。

イラレでクラッシュアイス(氷)を描く

そのままの感じで縮小したいときは、「アピアランスの分割」と「線のアウトライン」をしておくといいでしょう。もしくは、大きさを調整しなくていいように、「水晶」フィルタまでのくだりを何個分か先にやってしまうのがいいと思います。

たくさん配置するといい感じ

あとは、同じようなオブジェクトを数個作って配置し、「きらきら」や水滴、小さな氷のかけらなどをプラスすれば、冷たーいクラッシュアイスのアートワークの完成です!

イラレでクラッシュアイス(氷)を描く

「水晶」フィルタをかけたオブジェクトのジャギーが気になる場合は、「効果」→「ドキュメントのラスタライズ効果」を調整してみてください。解像度やアンチエイリアスのオプションが入ってます。

リアルな氷を描くのは、なかなか難しいな……。また時間があったらアップデートするかもしれません。


イラレご質問受付中

「Adobe Illustratorでこういうものってどう描くの?」という疑問をお問い合せフォームからお寄せください。時間ができたら当ブログで解説記事を書いてみます!(個別にお返事はできません)

イラレ本執筆しました

当ブログの人気記事「ドット柄パターンスウォッチの作り方」「世界一簡単な雲の描き方」「遠近グリッド」も載ってる、イラレTipsがたくさん詰まった本ができました!
特にIllustrator初心者やキャリアの浅いデザイナーさんは持ってて損はない一冊です。ぜひお買い求めください。Kindle版もあるよ。

Illustratorおいしいネタ事典(翔泳社)[→くわしくはこちら]