ベンデイドット(カラーハーフトーン)をイラレのパスで作るには?

Author :

ベンデイドット柄 イラレ パターンスウォッチ

こういうドットの名前、知ってます?

カラーハーフトーン?ぶぶー。ちょっと違いまーす。
正解は「ベンデイドット(Ben-Day Dots あるいはベンディドット)」です。

今日はこのベンデイドット柄をイラレで作ってみます。

よくあるやり方には、CMYいずれか一色のベタ塗りの矩形を描いてフィルタ「カラーハーフトーン」をかけるというのがあります。パスを得たければさらに「アピアランスを分割」後「ライブトレース」すればできます。

ベンデイドット柄 イラレ パターンスウォッチ 2

これでそこそこキレイにできるのですが、でも、ドットのひとつひとつは正円にはなりませんね。

ベンデイドット柄 イラレ パターンスウォッチ 3

どうしても、イラレのパスできれいなベンデイドットを作りたい……という場合は、ドット柄のパターンスウォッチを自作するのが近道です。

ベンディドット柄のパターンスウォッチの作り方

正円を描きます。サイズは10px。

4ベンデイドット柄 イラレ パターンスウォッチ 4

enterボタンを押して上へ18px、コピー移動します。

ベンデイドット柄 イラレ パターンスウォッチ 5

コマンド+UでスマートガイドをONにしておきましょう。

回転ツールに持ち替え、上の円を下の円を中心に60度回転させコピーします。

ベンデイドット柄 イラレ パターンスウォッチ 6

コマンド+Dで繰り返し、円を六角形にぐるりと配置します。

ベンデイドット柄 イラレ パターンスウォッチ 7

補助線をひきます。

ベンデイドット柄 イラレ パターンスウォッチ 8

補助線にそって矩形ツールで四角形を描き、最背面に送ったうえ(コマンド+シフト+ { )線とカラーを透明にします。これを中にあるドットといっしょに選択して、スウォッチウィンドウに放り込めば完了です。

ベンデイドット柄 イラレ パターンスウォッチ 9

ベンデイドット柄 イラレ パターンスウォッチ 10

※サイズは目安のため記載しました。必ずしもそのとおりにする必要はありません。

ちなみに、ベンデイドットとは

Bey-Day dots

このベンディドット、美術をちょっとかじった方になら「あれだ!」と思い出されましょう。1960年代のポップアート作家、ロイ・リキテンシュタインのトレードマークですね。

ベンディドットの発明者、ベンジャミン・ヘンリー・デイ・ジュニアは19世紀のイラストレーター/版画家で、ニューヨーク・サン新聞の創始者の息子でもあります。ベンデイドットは比較的安価にカラー表現ができる印刷技法として開発されたものでした。

Ben-Day dots and Halftone

Illustrator、Photoshop使いの皆様には「カラーハーフトーン」としておなじみかもしれませんが、「ベンディドット」と「ハーフトーン」はじつは違います。ベンデイドットは点の大きさが均一で、ハーフトーンは点の大きさ自体が変化します。


イラレご質問受付中

「Adobe Illustratorでこういうものってどう描くの?」という疑問をお問い合せフォームからお寄せください。時間ができたら当ブログで解説記事を書いてみます!(個別にお返事はできません)

イラレ本執筆しました

当ブログの人気記事「ドット柄パターンスウォッチの作り方」「世界一簡単な雲の描き方」「遠近グリッド」も載ってる、イラレTipsがたくさん詰まった本ができました!
特にIllustrator初心者やキャリアの浅いデザイナーさんは持ってて損はない一冊です。ぜひお買い求めください。Kindle版もあるよ。

Illustratorおいしいネタ事典(翔泳社)[→くわしくはこちら]