格安スマホのmineo(マイネオ)でモバイルWi-Fiルータを買ってみたけど、けっこうええよ〜

Author :

カテゴリ

mineo モバイルルーター

外にMacを持ち出して、mineoのモバイルルータでネットに繋いで、今これを書いてるけど、全然ふつうに快適やで。

いま話題の格安スマホ。デザインやウェブなどクリエイティブ系の方々にとっても、実際どうなん?って思うかたも多いでしょう。私、電話じゃないけど、mineoのWi-Fiルーター(無線LAN親機)を買ってみたから、体験をお話しするよ!よかったから、電話も近いうちに大手キャリアから引越しするつもり。

目次

ほんま、安なったなあ……

いきなり電話を乗り換えなかったのは、先にどんなもんだか試してみたかったからです。安くなるのはいいけど、通信が遅かったりしたらイヤだから。

MacやiPadを外で使うとき、私はこれまでは大手キャリアのiPhoneでテザリング機能を使っていました。テザリングができるようになる前は、また他の通信会社でモバイルルータを使っていたんですが、月々4〜5000円はしたものでした。それに比べても随分安いmineo。大丈夫なのかな?って思ったんです。

月3GBで900円。安ぅ。
でもこの値段ならお試しで、気に入らなければ解約すればいいやね。

そう思って買ってみたんですが、冒頭に書いたとおりふつうに使えてます。お昼を除けば。電波が入りづらい場所なんかも、特に感じません。というのも回線はAUまたはドコモと同じなので、電波状況も大手に準じるってわけです。

私が買ったのはHUAWEI E5577という機種です。およそ1万円くらい。mineoで買えるモバイルルータにはもうひとつ高級なやつがあるんだけど、なんでか忘れたけど自分の環境に合わなくてこっちに。私は細かいところにはこだわってなくてちゃんと通信できればいっかーと思っているので、十分です。海外にも連れていけるしね。

ちなみにどうでもいい話ですが、この端末にWi-Fiで3DSもちゃんとつなげるから、お外でもゲーム(on狩り)できるよ!どうでもいいけど。

パケットの繰り越し・分け合いがなんかすごい

私は外でMacやiPadを使うけど、家には別にネットの固定回線を引いてあって娯楽はそっちで賄うので、モバイルの通信量は実はそれほど消費しません。
今まで使っていた大手のテザリング、通信自体は不満なかったんですけど、いつも相当の通信量が余る。ていうかめちゃめちゃ多く割り当てられてる。でも少なくしてくれていいから安くしてよ、とはいかないわけでしょ……というのも、mineoの魅力的に思えたところでした。

mineoは月々使える通信量ごとに値段が決まってます。というわけでいつもどのくらい使ってたのか、元キャリアの使用履歴をみて判断します。それに少し余裕をもたせて割り出したのが3GB/900円のプランでした。
»mineo Dプラン シングルタイプ 3GB

ところが、なんとこれが増えるんですね。
その月中に使わなかったぶんは、そのまま翌月に繰り越しされます。残り通信量をチェックしに行って「あれ?私ってば6GBのプランなんか契約してたっけか」と思ったら繰り越しだった(笑)。
繰り越されたぶんから消費されるので、タイミングによっては本来の月間使用量がほぼ減らないまま繰り越されたりする。

他にも、mineoのユーザー同士で通信量枠を贈り合うこともできます。これを利用するとパケットの延命もできるんですが、それは別にルール違反でもないようで、公式コミュニティサイトで知らない人同士でのやり取りもされてます。

それから加入したての時にプレゼントがあったり、余ったパケットを寄付したりもらったりできるフリータンクなど、なんやかんやで尽きることがありません。もうちょっと少ないプランでもいいかな?って思ってるくらい。

余談ですが公式コミュニティサイト、今時珍しく比較的平和な雰囲気で好感触です。名前も、マイネオだからマイネ王。なんかユルっぽくていいでしょ。

デメリット : お昼どき、通信速度が遅くなる

こんな素敵なmineoですが、お昼時に通信速度があからさまに遅くなるのがちょっとした不満です。

いつも12:30くらいからか、ウェブページの読み込みがゆ〜っくりになります。
でも13時を過ぎるとさらりとふつうの速度に戻ってたりします。

他にmineoでスマホを使うデメリットとしては、大手キャリアと違ってiPhoneを割賦で買えないとか、緊急地震速報が届かない(Yahoo!アプリで代用する必要がある)、とか。ひとまず今回はwifiルータの話だから関係ないけど。

mineo端末の買いかた、契約のしかた

mineoのウェブサイトで自分で手続きするのがオススメかも。実店舗での即日契約もあるにはあるんだけど、店舗数は大手キャリアみたいには多くないし、後述するように人気でけっこう混んでるみたいだから。

契約をはじめる前に、先に家電量販店で「mineoエントリーパッケージ」ってのを買っておきます。値段は4〜500円くらい。ヨドバシでもジョーシンでも、Amazonにもあります。

これが何かというと、中にプリペイドカードみたいな番号が入ってて、ウェブサイトでの申し込みの時にこれを入力すると、契約事務手数料(3,000円ほど)が不要になります。エントリーパッケージがなくても契約はできるんだけど、お得になるんならまぁ買っとけばいいんじゃない。

端末は基本的には自分で用意します。でもmineoでも幾らかの端末は取り扱っていて、申し込みのときに同時に購入することもできます。私のモバイルルーターも、そうしました。

で、手続きから1週間くらいで自宅にSIMカードと購入したモバイルルータが届きました。自分でカードを挿せば準備完了。

買うときは日数の余裕を持って

ところで、私が「mineoを買うっ!」と思い立った日のお話を、参考までに。
いままで、携帯を買ったり変えたりする時って、免許証とクレジットカードさえ持って店に行けば、まぁその場で契約できるやん、って感じだったじゃない?結論からいうと、今回はそういうわけにはいかなかった。

mineoを使ってみようと思ったきっかけは、実はingress(ポケGOの元祖として有名な、スマホのGPSを利用したゲーム)でした。2017年の秋に大阪でアノマリー(世界大会のようなもの)があったときに、仲間との連絡にサブ機を用意したほうがいいかもヨ、って聞いたので、それなら最近流行りの格安スマホってやつを試してみるか、古いiPhoneもひとつ余ってるし……と私は思ったわけよ。

イベント当日の3日ほど前、そう思い立った私は梅田のヨドバシカメラへ行きました。
でも店員さんに話しかけてみたら「mineoさんはここでは契約できない」んですって。「グランフロントにmineoショップがあるので、そちらで詳しいことを尋ねては?」と。

どうせ歩いて5分だし、とグランフロント大阪のmineoショップへ行ってみました。

んが、すんごい混んでた。
「3時間くらいお待たせしてます」と言われて、あぁ人気なんだなぁと気づいたのです。受付の列に並んでもその後の処理時間によって当日中にSIMを受け取れるかわからない、とのこと。また翌日引き取りに来るとしたら、私の都合がつかない。そういうわけで、その日の契約は諦めざるを得ませんでした。

結局、その日はまたヨドバシに戻り、エントリーパックを買って、後日ウェブサイトで登録したのでした。イベントや旅行などに使いたいかたは、どちらの手段にしても日数の余裕を持って準備しようね。

ちょっとした不便はあるけど、それでもmineoイイヨ

あとは電話用のiPhoneもmineoに引越ししたい。

だってこんなに安いんなら、ね。

いま、私は大手キャリアで月額1万円ちょっと払ってるけど、そのうち5,000円あまりが通信回線利用料的なものに割り当てられてる。

これだけでも家の固定ネット回線より高いのに、なおかつ通信量の制限もあるって、どうなんよねぇ奥さん?
よくよく考えたら、本当に高いなーって。

謎の割引プランとか、プリペイドカードに実質現金還元されるとか、いろんなしくみでお得感を演出してるけど、その複雑な料金体系を構築・維持するためだけにでも相当のリソースが割かれているはずで、コロコロ変わるプランを末端の店員にまで理解させるのだけでもかなりの手間なのではなかろうか。そして、それらの手間も私たちが払う料金に反映されてるんじゃなかろうか。

そこへいくともう、mineoはおもっきしシンプルな料金体系だから、納得がいく。
記事中挙げたようにちょっとした不便はあるけど、それを差し引いてもmineoはイイヨネ、と思うわけです。

モバイルルータとiPhoneを合わせても、3,000円前後で収まる予定。
16年間使ったけど、CMで三線弾いてる浦ちゃんは大好きだけど、早くさようならしたい。

SIMフリー化やmineoでのiPhoneテザリングの件なども書きたかったけど、本日はこのあたりで。iPhoneの引越しが済んだら改めてレポートしてみますね。ほいじゃまた。
»データ通信と音声通話込みで6ヵ月間410円/月(税抜)~

こちらの記事もおすすめです