春は曙、夏はモヒート

Author :

カテゴリ

モヒートのミントを食べる

春は曙、やうやう白くなりゆく山際すこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

夏はモヒート、夜はさらなり、はつかの葉の冷えたるをかねのマドラーにて食ぶこそをかし。

秋はブラック、夕日はなやかにさして黒きワンピースのにほひ合ひ、まいておもふにかなひたるゆだけの裾に、雁などのつらねたるがいとちひさくつきたる、いとをかし。些と疾しやと思へどぶーつなど着くもあはれなり。

冬は猫、布団に入りたるは、いふべきにもあらず。つとめて霜などのいと白く、またさらでもいと寒きにすとうぶなど急ぎおこして、カフェラテ食ぶれば、心のうちより温し。になりてゆるびもてゆけども、猫のなほ起きざるはわろす。

「枕草子」清少納言, 2014