個人でも、デザインスキルがなくても!LINEスタンプを確実に作って儲ける方法

Author :

LINEスタンプ格安制作スタンプファクトリー

LINEスタンプって儲かるんですって。イラスト制作を生業としている私のところにも最近よくLINEスタンプ制作の話題が流れてきます。残念ながらウチはキャラクターものを取り扱っていないのでいまのところやっていないのですが、個人でもLINEスタンプの販売で収入を得ている人も増えているようです。

でも「絵とか苦手だから」ということであきらめている方も多いのではないでしょうか。そんな方に朗報です。

LINEスタンプ制作専門サービスが登場しました

LINEスタンプの制作代行業者というのが登場しました。LINEスタンプは作っただけでは売れず、審査を受けて合格すれば販売できるようになります。その登録作業もまとめて代行してくれるのがスタンプファクトリーです。

審査に受かるにはある程度のコツやノウハウが必要なようですが、そのあたりも専門業者ならお任せできます。もし審査に通らず販売に至らなかったらお金を返してくれる保証もあるようですよ。

個人でスタンプを作って売る

個人の方でも、「こんなスタンプを作りたい」というアイデアがあれば、スタンプファクトリーに依頼できます。「スタンプを作るのはイラストやデザインのスキルを持った人だけなので、自分にはムリ」と思っている人も、あきらめる必要はありません。

元手として制作費がかかるわけですが、販売し始めたら基本的には放っておいても売れるので、元を取るのはそう難しいことではないように思います。

制作費が安く済むレベニューシェアプラン(売上の何割かを業者に払うプラン)なら29,800円からだそうです。これくらいの売上なら、友達に宣伝することから始めればすぐに達成できそうですよね。

法人やサービスのブランディングの一環として

あるいは法人のプロモーションの一環として、マスコットキャラクターや名物社長などのスタンプを作って配布する(売るのでもいい)という使い方もできます。

スタンプの制作じたいはとくに難しいことではないので、つきあいのあるデザイン事務所やデザイナーがあればそこに頼んでもいいのですが、スタンプファクトリーのようにLINEスタンプ専門を謳う業者であれば、審査に関してなどのノウハウを持っているので、その点安心できるのではと思います。

ランキング上位のスタンプは数千万円の売上にもなっているそうですから、お正月休みを利用してアイデアを練ってみてはいかがでしょうか。