天王寺区が1年間タダ働きのデザイナーを募集している件。あんまりやん。

Author :

それはあかんやろ!

これ、クリエイターや開発の人にも、発注者側の人にも読んでほしい。

大阪市天王寺区が、1年間無報酬で働くデザイナーを募集しています。
【報道発表資料】デザインの力で、行政を変える!!~天王寺区広報デザイナーを募集します~

 

あんまりじゃないですか?
一点だけ無料ならまだしも、1年の任期中ずっと無報酬だなんて。

行政機関が(しかも、このところ全国の注目をあつめている大阪市の機関が)堂々とこのような募集を行うことに、強烈なショックを受けました。

私は大阪府民でもないし、報道発表をしている以上、もうすでに意見を述べる段階ではないのかもしれません。でも、どうしても黙ってはおられず、区に対して意見のメールを送りました。

美容師に無償で髪を切らせたらヒドい、なのにデザインは?

世間では「デザインの業界のことはよくわからないから」「コンピュータで簡単につくれるものだと思っていたから」などという言い訳のもとに、コンテストと称してタダで仕事をさせたり、超低報酬での発注を平気でする人が後を絶ちません。

美容師に無償で髪を切らせたり、料理人にタダで料理を作らせることを考えれば、これがいかにおかしなことであるか、小学生でも分かろうというものです。

本来そういうことから守ってくれる立場のはずの行政機関が、それと同じことを先頭を切ってやるなんて……?
ちょっとアリエナイ。

 名誉は報酬の代りにならない

こういうことが平然と行われている背景には、
「デザイナーやイラストレーターとは、名前や作品が世に出て自己顕示欲が満たされればそれで満足できる人種だ」
という考えがあるように思います。だから、報酬を渡さなくてもいい、と。

これははっきり言って差別です。
そんなベタな言葉、使いたかないけど。

福祉作業所や発展途上国に対して安く買いたたきをして「仕事をあげてるんだからそれでいいでしょ」とうそぶくのとなんら変わらない。調べてみれば法に反するケースもいっぱいあるでしょう。

残念ながら、世の中にはそういう考え方がもうすでに広がってしまっていると思います。これを読んでいる方の中にも「何が悪いんだ」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

クリエイター自身の意識が低いのも問題だ

ただ、半分はクリエイター自身のせいだと、私は思います。

安く買いたたかれることに甘んじたり、無料コンテストが横行するのを「そういうもんだ」と多くのクリエイター自身が思っているあいだは、こういうケースは減らないと思います。

フェアトレード」っていう言葉がありますね。これは、発展途上国と先進国のあいだの取引について適正な価格を、ということですが、クリエイターや開発者も、フェアじゃない取引には絶対に乗らないことです。

デザインは、簡単にささっと作れるものではありません。
デザインも労働です。遊びではありません、遊び心を込めることはあっても。
これを読んでいるクリエイターや開発者のアナタ、今日のアナタへ至る道はカンタンなものでしたか?
ナメられたら怒りましょうよ。

きちんと、意思表示をしましょう。その手段として、こうしてブログに記事を書くこともできるし、当該機関へ直接メールを送ることもできます。

 

最後に、送ったメールから一部抜粋。

「できればこのような募集は取り下げるか、それができなければせめて『ボランティア募集』と表記を変えて頂きたく望んでいます。
また、行政を変えるほどの力を持ったデザインが無償で手に入ることなど決してないということを、プロのデザイナーとして申し上げます。」