コピペで安心。イラスト制作の依頼のしかたが分かるかんたんテンプレ

Author :

カテゴリ

猫がパソコンで作業

イラストレーターに依頼のメールを送るとき、ぜひコピペして使ってくださいね。

「イラスト制作って、どういう風に依頼すればいいですか?」

イラストレーターにイラスト制作を頼みたいけど、どういう感じで依頼したらいいのかよく分からない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、こういうことを伝えたらいい、というのをまとめてみました。実際にイラストレーターとして事業をしている私が、お客様とやり取りする際に交換している情報をまとめたものなので、それなりにお役に立てるのではないかと思います。

イラスト制作依頼・かんたんテンプレ

ここから下↓をコピペして、一行ずつコメントを書いていくと、立派な依頼メールができあがります。


–事務的な情報

●自分の情報(社名、部署、氏名、メールアドレスなどの連絡先)
●自分の立場(ディレクターなのか?編集者なのか?デザイナーなのか?)
●イラストを使用する媒体(書籍?雑誌?広告?内容やタイトルを具体的に伝える)
●価格について(いくら用意できるか、自分から情報を開示する)
●納期(媒体の発行がいつで、イラストはいつまでに必要なのか)
●支払方法と期日

–イラストそのものに関する情報

●何を描いてほしいか
●どんなタッチで描いてほしいか(そのイラストレーターのサンプルから具体例を引用する)
●資料について(どのような資料を提供できるか、もしくは提供できないものは何か)
●何回くらい修正するつもりか
●自分やクライアントがこだわっている点
●サイズ(実際に印刷したときのサイズ[mm] *ウェブ媒体の場合はpx)


ここまで

イラスト制作の依頼のしかた、ポイントはこちら

伝えるべき内容は大きく分けて2系統あります。

  • 事務的な情報……取引に必要な情報や個人情報
  • イラストそのものに関する情報……絵柄や制作内容そのもの

値段や絵柄など、すごく気になる情報を伝え忘れることはあまりないと思うのですが、納期やその他の情報は忘れてしまいがちで、それが後々話の食い違いを引き起こしたり、修正費を請求される原因になる可能性があります。

ですから、イラスト制作を依頼する際には、できる限りの情報を開示することが大切です。価格についても、相場がどうなのか気にするよりも、ご自身から「いくらなら用意できるか」を伝えたほうが話がスムースです。

面倒くさいと思うかもしれませんが、そういうものなのです

イラスト制作の依頼をしたことがない方のなかには「こちらが客なのに、こんな面倒臭いことをしなければならないのか」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、イラスト制作は、このようなものなのです。割り切って頂くしかありません。

レストランで料理を注文するように「これ!」と言ったら「それ」が出てくる、というものではないのです。

実際のところ、私のお客様はほとんどが出版社の編集者さんやデザイン事務所のアートディレクターさんなどですが、どなた様もいい制作物を作らなきゃ、という使命を持っていらっしゃるので、こうした情報については積極的に考えてくださいます。お客様自身が苦労していい制作物を作ろうとしているので、私たちはその手助けを全力でやる、というのが、イラストレーターをはじめとするクリエイターの仕事なのです。

»イラスト制作のご依頼はこちら