ANA楽パックのマイル、どっちで貯めよう?「ANAマイレージクラブ」と Unitedの「マイレージプラス」

Author :

カテゴリ

タグ

飛行機で移動中。富士山が見えるよ

楽天トラベルのANA楽パックや海外パックが便利で頻繁に利用している私ですが、何がありがたいって、ちゃんとマイレージの加算もできるところです。

また、提携航空会社への加算もOKです。例えば私が東京出張によく使う「ANA楽パック」なら「ANAマイレージクラブ」につけてもいいし、ANAが提携するアメリカの航空会社ユナイテッドのプログラム「マイレージプラス」につけることもできます。

どっちで貯めるのがお得なのか、ちょっと悩んでみました。

いちばんのちがいは、有効期限

「ANAマイレージクラブ」とUnited「マイレージプラス」。名前も似ていますが、どちらもスターアライアンス加盟で、言ってみればかなり「互換性が高い」同士です。ANA楽パックでつくマイル数もほとんどの場合同じのようです。

ではどっちにしても変わりないのでは?と思えますが、獲得したマイルの有効期限の取り扱いが違います。

  • ANA = 獲得した日から3年。過ぎた分から順に失効
  • United = 獲得した日から1年半。ただし新たに獲得するとその都度延長される

ANAのほうが有効期限が長い。ですが、Unitedは期限の延長ができます。

Unitedのマイレージのいいところ

united

有効期限が延長しやすい

Unitedのマイレージは、他のエアラインのプログラムに比べて延長条件が比較的ゆるやかで、次のような手段のどれでもマイレージを獲得すれば、有効期限を伸ばすことができます。

  1. 使った金額に応じてマイレージがたまる、提携クレジットカードを使う
  2. 日本国内でANAの路線に乗って、そのマイレージをUnitedにつける
  3. ポイントサイトを利用してたまったポイントをUnitedのマイルに変える

ポイントサイトを使って無料延長も

面白いのは、3.の方法です。ポイントサイトというのは、そのサイトがおすすめする広告を見たりするとポイントがたまるというサービスで、そのポイントをユナイテッドのマイレージに変換できる場合があります(例:ネットマイル)。ということは、無料で有効期限を伸ばし続けることもやり方によっては可能というわけです。

»ゲームやアンケートでお小遣いゲット!⇒ネットマイル

その他いろいろ使いやすい

その他、いったん失効したマイレージを有料で呼び戻せるとか、身内にマイルをあげることができるなど、国内のエアラインでは見られないおもしろい使い方もできます。

また、マイルが貯まって航空券に引き換えるとき、必要なマイレージが比較的少ないのも良いところです。ただし、2014年の改訂後はあまりお得ではなくなってしまった、という声も挙っています。

ANAマイレージクラブも捨てがたい

以上、Unitedのマイレージの良い点を挙げましたが、かといって、ANAのマイレージプログラムも捨てがたい面はあります。

ana

やはり日本の航空会社でありますから、国内で航空券以外でマイレージをつけるチャンスが多くあります。例えば、利用するとマイレージがつく飲食店など。街中で注意して見ていると意外と結構な数見つかるものです。

また、楽天とANAの連携は強化されつつあります。ANAマイレージと楽天ポイントとの相互変換もできますし、今後お得なキャンペーンが増える可能性もあります。

私はUnited派ですが……

私の場合は、手近な旅行が多く、ANAでは航空券に換える前に失効する割合が多そうなので、Unitedでゆっくり伸ばしながら貯めるつもりです。

いずれにせよ、あちこちのプログラムに分散させないで、ひとつかふたつに絞って貯めるのが効率が良いでしょう。

各エアラインの公式ページはこちら。