カテゴリ:イラストレーターのほんねコラム

イラストレーターという仕事を世間に知ってもらうための記事です。イラスト制作の現場紹介や制作技術について。

「クリエイターつらいあるある」の予防を考える週間

Author :

クライアントからのひどい扱いをおもしろおかしく表明することが、かえってそういう扱いを招いているんじゃないでしょうか。お客様もどきたちを寄せつけないために、クリエイター自身は何ができるか?

制作系フリーランスで肩書きがたったひとつって人のほうが珍しいんじゃないか問題

Author :

制作系のフリーランスの多くはいろんなことができるもんである、ということが世間に知れればいいなと思ってこの記事を書きました。肩書きとひとりの人間が持つ多面性について。

医療系専門雑誌 表紙イラスト 制作例2

グラフィック・メディシン Graphic medicineとは?イラストレーションが医療に活きるかも

Author :

イラストやグラフィックを、医療に活かす。そんな試みがあるようです。 先日、東京のクリエイターEXPOに出展していろいろな方とお話ししたなか、医療系の書籍やコンテンツを専門に制作されている方から「グラフィック・メディシン」 […]

ラフスケッチからイラストが制作されるまで

プロのラフスケッチ公開します!最終的にこんなイラストレーションになりました。

Author :

イラストレーターが実際にイラスト制作の仕事で描いたラフ、これが最終的にこんなイラストになりました。ふだん捨ててしまうものですが、公開します。

ピグメントライナーを使ってスケッチイラストを描く

ピグメントライナーってどれがいいの?スケッチイラストのイラストレーターが比較してみました。

Author :

イラスト制作に使う「ピグメントライナー」と呼ばれるペンですが、じつは相当いろんな商品が出ているということに気づきました。そこでピグメントライナー比較紹介してみます。イラストを描く方の参考に。

F4スケッチブック用紙をぴったり収納できるクリアブックはこれだ!2

つ、ついに!F4のスケッチブックを収納する、最高にぴったりなファイルが発見された

Author :

イラストレーター向け記事。F4サイズスケッチブックに描いた絵を収納するのにぴったりなサイズのクリアブックが発見されました!

「ティム・バートンの世界」展 The World of Tim Burton

「ティム・バートンの世界」展でジャパンを探せ! The World of Tim Burton

Author :

グランフロント大阪「ティム・バートンの世界」展を観てきました。日本的なモチーフが登場するのをご存知ですか?

クリアブックに収納したスケッチイラスト

クリアブックとスケッチブックにまつわる悪態、もとい改善要望

Author :

画材用サイズ専用クリアブックほしい。イラストレーターにとってはわりと大切なツールなのに、いろいろ微妙なこのクリアブックというもの。

skechbook-displaybook

スケッチブックvsクリアブック収納問題-サイズ対応まとめてみた F4→B4etc.

Author :

スケッチブックに描いた絵を収納するには、どのサイズのクリアブックが必要か

Adobe Illustratorで描いたいくら丼

いくらどどーん

Author :

じつは私、いくらがそれほど好きではありません。でも、描いていると「あーもー美味しそうだなー食べたーい」という気分になります。不思議なものですね。